ハイジャック

なんだか私的に気になる話を聞いたので、考察してみます。

それは「神聖幾何学のフラワーオブライフがハイジャックされている(=闇化されている)」というもの…あと、「大天使メタトロンはいわゆる堕天使である」というもの。

個人的にメタトロンとの縁は感じないのですが、たまにYouTubeでメタトロンをチャネリングしている方の動画は見ます。別に闇のエネルギーは感じません。
いわゆる天使やアセンデッドマスターと呼ばれる存在などをチャネリングする場合、それが本当に私たちが期待するレベルの光の存在であるかどうかってなかなか分からないのですよね。どのディメンション、デンシティーにも「私は○○だ」と認識している存在はいる気がします。ので、自分がどのレベルで繋がっているのかを常に冷静に判断する必要がありそうです。また、本当は違うけど騙(かた)ってるような存在もいます(笑)。そういうのは、注意をすれば分かると思いますが、私たち自身が例えば「大天使ミカエルと繋がった!」と浮かれていれば、騙される可能性は大いにあるし、「高次の存在だから私たちを無条件で光に導いてくれる…」と考えるのは間違いです。現在は名をもたない意識ともコンタクトできる時代であり、エネルギーも以前に増して玉石混交…どの存在と繋がろうとも冷静に対応できる資質を身に付け、地に足をつけたスピリチュアリティを実践していきたいと私は思っています。

あとシンボルについてですが、想像の力を持つのは光のみなので、闇自体は光のシンボルを逆にしたり、歪めて闇用にカスタマイズします。分かりやすい例としては、五芒星は光のシンボルですが、上下を逆にすると闇のシンボルとなりますね。あとは、元々光のシンボルだったとしても、逆の意味・意図をセットして長く使用されると、闇化される…というのはあると思いますが(666とか…)、相当長い時間をかけて多くの人を信じさせないと、大きな闇の力は発揮できないのではないかと感じています。

結論として、フラワーオブライフがハイジャックされているかどうか…については私には分かりません。特にやばいエネルギーを感じることはありませんが、あるレベルに達した時には、薬どころか毒になる…というのはありそうです。でもそれはなんでも同じこと。
気になるシンボルがあったら自分なりにその意味や歴史的にどのように使用されたのかなどを調べてみた上で、心地よい、気持ちが悪いなど感覚的な部分を考慮して、ひとりひとりが自分で判断する。ま、なんでもかんでもラッキーチャーム的に取り入れるのは、個人的にはオススメしませんので、やっぱり自分で色々調べて、利用するなら自分のエネルギーに合ったものを取り入れて欲しいなぁと思います。

コメントを残す